カプチぶろぐ

都会と田舎のほげほげな毎日 是日々がんばるんば

【ユニ・チャーム超快適マスクが買えた!】4ヶ月ぶりに日本製の箱マスクが買えた!

4ヶ月ぶりにユニ・チャーム超快適マスクが買えたよ!

日本製の箱マスクを定価で買えてよかったね。
もう年内は手に入らないかと思っていたんだよね。

 

www.kapuchiblog.comwww.kapuchiblog.com

先日ツルハドラッグにて

ユニ・チャーム超快適マスク箱タイプを購入することができました!

 

新型コロナウイルスに敏感になってしまっていたため

ネットスーパーチェックやドラッグストア立ち寄りを行っていたのですが

先月中旬頃からこの行動にある種の疲れを感じてしまっていた筆者。

 

マスクで言えば普段はほぼ布マスクにシフトチェンジしているのですが

病院へ行ったりするときは当日に破棄できるように

使い捨てマスクを使用するようにしています。

 

新型コロナウイルスの第二波が懸念される今、

できれば日本製のマスクや消毒液、ウェットティッシュを

追加で購入して再度の緊急事態宣言に備えたいと頭の片隅で思っていました。

 

また、首都直下地震が再び話題に上がっている昨今、

水の使用が貴重になる災害時には布マスクの使用は最適とは言えません。

その時こそ使い捨てマスクを使用する必要があると思っています。

東日本大震災のように首都圏だけではなく

大規模な範囲での被害となることが想定されているため

居住地が離れているからといってなかなか不安はぬぐえません。

 

第二波、そして首都直下地震のこともあり

品質が確保された使い捨てマスクがあればと思い数ヶ月過ごしていました。

 

海外製のマスクは

布マスク(通称:アベノマスク)が全戸配布されて以降

一斉に店頭に並び始めた印象でしたが

日本製のマスクは一向に見ることがありませんでした

 

つい先日の昼休みに外を歩いていたら

たまたますれ違った人の買い物袋から

ユニ・チャーム超快適マスクの箱マスク

が透けて見えているのが目に入りました。

 

その瞬間近くのドラッグストアへ向かった筆者。

レジ前に陳列されているのを発見!価格は定価!

迷うことなく無事に1箱購入することができました。

 

何人か横目でマスクを見ている人がいましたが

値段が1,500円ほどするので手をつけてない様子でした。

隣には海外製のマスクが3,000円で陳列されていました。

 

ユニ・チャーム超快適マスクは日本製であり

もともと1500円が定価なので高額ではありません。

※超立体マスクというやつは業務用?なのか500円〜600円という価格帯でもっとお安いです。

 

筆者はよくSEIYUネットスーパーやASUKULで

価格確認をして購入するようにしています。

f:id:kapuchiblog:20200628134441j:plain

f:id:kapuchiblog:20200628134411j:plain

f:id:kapuchiblog:20200628134511j:plain

4ヶ月ぶりに、1ヶ月分のマスクが確保できたため安心です。

 

数日空けて同じドラッグストアを覗いたのですが

おそらくその日で売り切れてしまったようで

ユニ・チャーム超快適マスクの陳列はありませんでした。

海外製の箱マスクは陳列されていました。 

 

f:id:kapuchiblog:20190816141922j:plain

 

なお、効果のある風邪予防は

なによりも手洗いとのことです!

ウイルスは色んなものを触った手から

口や目に入ることで感染が始まります。

 

また、手で触る頻度が高いタブレットやスマートフォンには

たくさんのウイルスが付着しているため

食事中の利用は控えるのが良さそうですよ。

 

こどもがタブレットやスマートフォンを使うときには

アルコール除菌を行うか

手を口に入れないタイミングで使用させることをおすすめします。

 

さらに夏にかけては熱中症にも注意が必要です。

マスクをつけていると口元が湿るため

喉の乾きが感じにくくなり水分補給が不足するといいます。

 

こまめに冷たい水やポカリスエットなど経口補水飲料を摂取することが必要です。

 

新型コロナウイルスに加えて熱中症や地震まで

考えなければならないことが多くなり気疲れするかと思いますが

できる範囲でできることを長く続けて行くことが大切です。

 

普段の生活にプラスαとなるような防災に。 

www.kapuchiblog.comwww.kapuchiblog.com

www.kapuchiblog.com

ここまでお読みいただきありがとうございました!

※本記事はあくまで個人の感想およびメディア等からの情報を元に作成したものであるため、医学的根拠はございませんことをご了承くださいませ。