カプチぶろぐ

都会と田舎のほげほげな毎日 是日々がんばるんば

グランピングができる星野リゾート『星のや富士』へ2泊3日で泊まりました!

グランピングで有名な星野リゾート「星のや富士」に宿泊しました!

 一度は泊まってみたい憧れの星野リゾート。

 

ラッキーなことに今回、仕事の関係で宿泊させていただきました。

宿泊中は仕事のことなんて忘れてしまうほど最高によかったです!

 

写真は少なめですが、「星のや富士」の雰囲気をお伝えできれば幸いです。

1.グランピングリゾート「星のや富士」って?

「星のや富士」は富士山の麓にある日本初のグランピングリゾートです。

 

グランピングとは、

「グラマラス(贅沢な)」と「キャンピング(キャンプ)」を掛け合わせた造語です。

普段のホテルや旅館の宿泊と同じくらい気軽な気分のまま、

自然の中で至れり尽くせりの贅沢なキャンプ気分が味わえる新しいキャンプスタイルになります。

 

とても素敵で快適なキャビンで寝泊まりし、

併設されるレストランまたはキャビン内で食事ができ、

自然がいっぱいの広々とした敷地内で気軽にキャンプ気分を味わえる

グランピングの贅沢の限りを尽くしたリゾート施設です。

 

施設の近くにはスーパーやコンビニ等の商業施設がないため、

隔離された贅沢な空間を味わうことができます。

※「ちょっとお菓子や飲み物を買い出しに行く」ができないタイプのリゾートです。

2.「星のや富士」ってどこにあるの?

「星のや富士」は新宿から電車で約2時間半、山梨県側の富士山の麓に位置しています。

車を使うと約110kmの距離にあるため、

約1時間半といったところでしょうか。

 

大阪や名古屋から行く場合で、

新横浜駅から電車を使うと約3時間ほどです。

 

【住所】〒401-0305  山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408

3.「星のや富士」までのアクセス

東京都内(新宿駅)からのアクセスは

「星のや富士」公式ホームページの交通案内にも掲載されています。

  • 新宿駅(特急かいじ 甲府行)

    ↓ 約1時間

  • 大月駅(富士急行線 河口湖行)

    ↓ 約1時間

  • 河口湖駅

河口湖駅から「星のや富士」のレセプションという

「星のや富士」の手前にある「受付の受付」へは、以下いずれかの方法で行くことができます。

①車またはタクシー(約18分/約4,700円)

②北浜荘前に停まる富士急バス 河口湖周遊バス 自然生活館行(約25分/480円)+徒歩約6分

4.「星のや富士」に宿泊するには?

今回筆者は仕事で宿泊したため、

宿泊手配をしてくださった方に、いつ頃、どうやって、宿泊手配をしたかお聞きしました。

 

◆いつごろ?宿泊手配のタイミング

宿泊の約6ヶ月前くらいとのことでした。

連休でも比較的予約できる確率が高かったとのことです。

 

◆どうやって?宿泊手配をしたサイト

国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』 を利用されたとのことでした。

お得なプランやお安めのプランがあるので、おすすめですよとのこと。

 

一休.comに空室が出ていない場合でも

「星のや富士」の公式サイトからだと空室が出ている場合もあるようです。

 

素泊まり1人1泊/1万円を切ることはほとんどないと思いますが、

素泊まり1人1泊/1〜2万円の値段幅で予約できればとてもお安めだと思います。

 

2019年9月1日時点で、

宿泊費が60%OFFになる120日前優待予約プランを検索してみました。

いずれも筆者が宿泊した同タイプキャビン等の条件で検索しています。

★T Cabin/ツイン(2名1室)

※4種類あるキャビンのうち一番安いのがこの T Cabin です。

★朝食夕食なし

★2泊3日

 

最短で2020年12月5日(土)に空室有りでした。

泊1名初日 ¥15,000(税・サービス料別)

2泊1室合計 ¥53,760(税・サービス料別)

 

その次が2020年12月8日(月)に空室ありで少し値段がさがります。

1泊1名初日 ¥10,320(税・サービス料別)

2泊1室合計 ¥41,280(税・サービス料別)

 

先の日にちであれば、2021年1月27日(水)では1泊1名の宿泊費が1万円を切ります。

1泊1名初日 ¥8,760(税・サービス料別)

2泊1室合計 ¥38,160(税・サービス料別)

(2019年9月1日時点)

 

宿泊手配は両サイトをチェックして、お得な方を選択できると良いですね。

5.「星のや富士」のレセプションからワクワクが止まらない!

電車とタクシーに揺られて約2時間半。

「星のや富士」の受付の受付であるレセプションに到着しました。

 

ここから「星のや富士」の世界観が始まります。

 

小さくスタイリッシュな小屋の中に入ると

まず目を引くのがレセプションのうしろの壁です。

壁には色とりどりのカバンが吊るされています。

 

これらのカバンには「星のや富士」滞在中に使用できる

グランピングキットが入っています。

 

レセプション受付時にスタッフさんから「好みのカバンはありますか?」と聞かれます。

指差し等で好みのカバンを伝えると、

スタッフさんが高い場所のカバンでも長い棒を使ってヒョイっと取って渡してくれるのです。

 

チェックアウト時にはカバン一式を返却するのですが、

一部のアイテムはお土産としてもらうことができます。

f:id:kapuchiblog:20190901164543j:plain

f:id:kapuchiblog:20190901164517j:plain

6.「星のや富士」に到着

レセプションで専用のジープに乗車し、ついに「星のや富士」へ!

 

レセプションで感じたワクワクは

「星のや富士」に到着してからさらに増大されます。

 

小人のような、木こりのようなコスチュームを着た

「星のや富士」のスタッフさんに案内され、フロントへ。

 

どのスタッフも笑顔で礼儀正しく

見習いたいとつい思ってしまう気持ちの良いおもてなしをしてくださいます。

 

「星のや富士」敷地内の地図とアクティビティに関する案内を受け取り、各自のキャビンへ。

 

今回宿泊したキャビンは2階建となっており、
筆者の部屋はキャビンの2階部分が割り当てられていました。

f:id:kapuchiblog:20190901190216j:plain

f:id:kapuchiblog:20190901164910j:plain

部屋の前の傘立てには、雨が降った時用に傘が用意されています。

f:id:kapuchiblog:20190901165058j:plain

キャビンの中はこのようになっています。

BOSEのワイヤレススピーカーやミネラルウォータが設置されています。

f:id:kapuchiblog:20190901165236j:plain

手前のベッドの上にある黒い服は、備え付けの厚手のコートです。

夜敷地内を歩く時や、テラスのこたつに入る時、

アクティビティに参加する時のための防寒具です。

大きめのコートですっぽり包みこんでくれるサイズのものが用意されています。

雪国の民族衣装の様でとても可愛らしいです。

 

お風呂の浴槽は足がしっかり伸ばせるほど広々としていました。

※写真に写っている綾鷹のペットボトルは敷地内での購入ではなく筆者の持ち込みです。

f:id:kapuchiblog:20190901165239j:plain

 

テラスにはこたつとクッションが設置されています。

テラスでのこたつは上半身は涼しく足元は暖かい

一度体験すると病みつきになる贅沢しかない空間です!

f:id:kapuchiblog:20190901165246j:plain

 

夜はテラスに火が灯されなんとも良い雰囲気に。

f:id:kapuchiblog:20190901190657j:plain

f:id:kapuchiblog:20190901190704j:plain
f:id:kapuchiblog:20190901190737j:plain

こたつに入ってひんやりした空気の中、PCをカタカタやっていました。
晴れているとテラスから満天の星空を見ることができます。

7.「星のや富士」でのアクティビティ

※現在のアクティビティはそれぞれ変更されている可能性があります。

2泊3日の滞在中、晴れと雨の2種類の天候を経験しました。

 

晴れている日は、敷地内を自由に散策していました。

キャビンやレストランのある場所から、上に上に登っていける様になっています。

f:id:kapuchiblog:20190901191054j:plain

f:id:kapuchiblog:20190901191101j:plain

 

晴れている日は下の写真左手にある広場で

寝そべりながらタープに投影された映画を鑑賞することができます。

また右手に見える小さなロッジには、

フリードリンクやマシュマロなどのおやつ、本や雑誌があり、

焚き火でマシュマロを焼いたり暖をとったりしてのんびりとした時間を過ごせます。

f:id:kapuchiblog:20190901191043j:plain

 

こちらは上の写真で紹介した小さなロッジ前に広がるウッドデッキからの眺めです。

テーブルやチェア、寝袋がたくさんあり、皆さん思い思いの時間を過ごされていました。 

f:id:kapuchiblog:20190901191046j:plain

この他にも木と木の間にハンモックが吊るされていたりなど、

遊びゴコロがたくさん散りばめられた「星のや富士」。

 

筆者は毎朝の朝食後、

大きめの黒いコートを羽織って森の中をうろうろし、

ハンモックで数十分ゆらゆら揺られながら鳥の声や木々の香りを楽しんでいました。

 

こちらはちょっとした外れにある秘密のドーム、中に入ることができます。

素敵なお茶会の瞬間が切り取られたような空間づくりがされています。

f:id:kapuchiblog:20190901191050j:plain


この羊皮紙のような紙は、

雨の日アクティビティとして、

スタッフさんからいただいた「雨の森の宝探し」です。

f:id:kapuchiblog:20190901191055j:plain

雨の日も「星のや富士」を楽しめる様に様々な工夫が凝らされています。

 

その一つがこの「雨の日の宝探し」という

なぞなぞを解いて敷地内に隠された宝物を見つけるアクティビティです。

1人でも複数でも楽しめるこのアクティビティ。

ファミリー、カップル、個人と参加者がそれぞれのペースで宝探しをしていました。

 

宝箱を探し出せた人は、宝箱から宝物をもらうことができるのです。

宝箱に詰まっていた宝物はどれも素敵で迷いましたが、

こちら「富士山の形をした石鹸」を頂戴しました。

f:id:kapuchiblog:20190901232156j:plain

 

筆者は無料のアクティビティのみの参加でしたが、

「星のや富士」では無料の他にも有料アクティビティがあります。

 

狩猟体験ツアーやナイトピクニックなど

無料・有料ともに魅力的なアクティビティがたくさんありますので、

公式ホームページの「過ごす」を確認してみてください。

8.「星のや富士」でのお食事

食事は基本的に「星のや富士」で用意されているプランを

予約しておく必要があります。

 

「星のや富士」周辺にはスーパーやコンビニがありません。

また車やタクシーを使用しなければ、

徒歩で「星のや富士」以外のお食事処まで移動することは難しいです。

 

そのため、「星のや富士」での食事は、以下のいずれかになります。

①「星のや富士」の食事プランをあらかじめ予約する

② 事前に食料を購入しておきキャビンに持ち込む

筆者は「星のや富士」での食事は以下の様になりました。

  • 朝食 「星のや富士」の"モーニングBOX"を利用
  • 昼食 「星のや富士」周辺のお食事処を利用
  • 夕食 「星のや富士」の"季節の夕食"を利用

朝食と夕食は先方が用意していださっていたためお言葉に甘え、

昼食のみ周囲のフィールドワークも兼ねて「星のや富士」周辺のお食事処を利用しました。

 

朝食のモーニングBOXは、

毎朝スタッフさんがキャビンにボックスを運んできてくれます。

キャビン内またはテラスの好きな方で食べられるようセッティングしてくれるルームサービスです。

 

夕食の"季節の夕食"は、

受付フロントに併設されるメインダイニングでの食事になります。

室内のため雨や気温を気にせずゆったり食事を楽しむことができます。

 

「星のや富士」に宿泊、アクティビティへの参加、

これだけでも十分満足がいく内容なのですが、

ぜひ食事も「星のや富士」で経験されることをおすすめいたします。

f:id:kapuchiblog:20190901211234j:plain

 

以上、グランピングリゾート「星のや富士」のご紹介でした!

 

いつもがんばっている家族やパートナー、または自分へのご褒美に

星野リゾートで過ごす時間は素敵なプレゼントになること間違いなしです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!